倉敷警察署主催 ネットモラル講座

平成26年8月3日 倉敷健康福祉プラザ
倉敷警察署が主催した「親子で学ぶネットモラル研修会」が倉敷健康プラザで開催されました。倉敷健康福祉プラザのホールは素敵な所で、町はずれの田畑も見られる閑静な住宅街の一角にある施設の中での研修でした。小学生親子、高校生、保護者、PTA、地域の方々と幅広い層の方が参加し、約130名が一堂に会しての研修会でした。ネット社会の現状と問題点について、「ネットモラルけんてい」と「アニメーション教材」を使って、皆さんで話し合ったり、発表し合ったりしながら、ゆったりとした研修会が進みました。親子で一緒に話し合って考える、お年寄りの方や若者が情報モラルについて考える時間を共有すること、そして、倉敷翆松高等学校の生徒代表の皆さんの積極的な参加が目を引きました。倉敷市では、市を挙げて道徳と情報モラル教育の取り組んでおり、地域への広がりに期待するところです。
 この様子は、8月6日の山陽新聞、倉敷・総社版で報道されました。